税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

今から消費税法を受験する場合はどうすれば良いか?

   

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日は11月3日です。税理士試験消費税法は9月スタート、1月スタートの講座から始めるのが一般的ということもあって、11月から勉強を始めるとなると、9月スタートは既に終わっているから1月スタートに申込みしてしまいそうになりますが、私なら絶対に9月スタートに申込みします。1月スタートだと講座が開講するまでの2ヶ月間が勿体ない!私なら9月スタート講座に申込みをして、年内はDVDやWeb講座で勉強、年明けから9月スタート講座に合流します。

他のページでも書いている事ですが、税理士試験の性格上、9月以降に勉強を始める人は一日でも早く勉強をスタートさせるべきです。一日勉強のスタートが遅れるとその分だけ合格確率が下がると考えて間違いありません。

税理士試験の性格

税理士試験は次のような性格を有しています。

  1. 1年に1回だけ
  2. 相対評価試験
  3. 消費税法の合格率は10%前後
  4. 受験生の多くが9月スタート、又は、消費税法2年目以降の受験生

税理士試験は一応表向きは60点以上とれば合格となっていますが、実際には上位10%が合格する相対評価試験になっています。つまり、消費税法受験生の上位10%に入らなければ合格できない試験なので、他の受験生よりも勉強のスタートが遅れるというのは大きなハンデを背負うことになるのです。そのため私は「消費税法を受験しよう!」と決めたのであれば一日でも早く受験勉強を始めるべきだと考えています。

9月スタートの講座を今から勉強して間に合うのか?という不安を持つ人がいるかもしれませんが、消費税法の年内の授業は基礎項目が中心なのでしっかりと勉強すれば年明けまでに十分間に合います。不安がある人は受験予備校の講師に相談してみてください。きっと私と同じことをいうはずです。

 - 勉強方法など ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

理論の覚え方が決まっていない人

税理士試験は理論暗記ができなければ絶対に合格できません。そのくらい理論暗記は税理 …

1月の今から消費税法を受験しようか考えているなら早めのスタートが合格のポイント!

お正月が終わって、そろそろ1月スタートの講座が始まりだした頃です。今年の消費税法 …

仮計省略で解答時間を短縮できる?仮計省略のメリットデメリットは?

私は消費税法の計算問題では仮計表を作っていましたが、受験生によっては解答時間短縮 …

独学で受験する人の注意点

税理士試験は大原やTACなどの受験予備校で勉強するのが一般的ですが、受験生の中に …

間違いノートは作っていますか?便利ですよ。

間違いノートは作っていますか?間違いノートというと私は良いイメージが無かったので …

これに気を付ければ合格ライン入れるようになる。

税理士試験まであと1ヶ月を切りましたが、勉強の進捗状況はいかがでしょうか。この時 …

ケアレスミスを放ってませんか?

ケアレスミスをしない人はいないと思います。当然ですが私も何回も、何回も、何回もケ …

私の本試験前の勉強法

税理士試験まであと10日になり、いよいよカウントダウンが始まりました。この時期に …

税理士試験消費税法は基礎項目が大切です!

もうすぐ4月です。受験予備校では模擬試験等が近づき段々と本試験モードになってきて …

消費税法に合格したいなら9月スタート講座が良い!

今日は9月12日、受験予備校の多くでは消費税法の9月スタート講座が始まってきたこ …