税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

消費税法の勉強方法 その他全般

スポンサーリンク


税理士試験消費税法の勉強方法についてまとめています。

 

税理士試験消費税法の勉強方法 その他全般

消費税法講座は大原かTACのどちらが良いか
税理士試験受験生の間で良く話題になる「大原とTACはどちらが良い?合格しやすい?」など。実際はどちらが良いのでしょうか。

消費税法合格までの勉強時間が300時間というのは本当か?

教室講座とWEB講座、DVD講座 どの講座が一番良いか
税理士試験消費税法に合格するにはどの講座が一番良いのか。

消費税法の勉強はいつから始めるべきか
税理士試験消費税法に合格するためには、いつから勉強を始めたら良いか。

消費税法の不合格者の特徴
税理士試験消費税法の不合格者にはある特徴があります。

消費税法に1年で合格したいなら
税理士試験消費税法に1年、又は、短期で合格したい人の勉強法と注意点

合格発表で不合格がわかったらすぐに来年の受験対策を始める!
税理士試験の合格発表は毎年12月上旬です。不合格者の多くは年明けから勉強を始めますが、それでは遅いです。すぐに来年度の講座に申し込み、教材を早く手に入れるべきです。

不合格でも受験予備校は変えない!
税理士試験に合格できないと他の受験予備校が良く見えてしまうものです。ただし、余程のことがない限り受験予備校は変えるべきではありません。その理由は…

2年目の人は上級コース
税理士試験の消費税法の受験が2年目の人は上級コースに申込しましょう。受験生の中には2年目なのに一般コースを受講する人がいますが、出来る限り上級コースを受講するべきです。

字は丁寧に書く
解答用紙の文字は綺麗に書く必要はありませんが、丁寧な字を書くように心がけましょう。読めない文字は採点してもらえない恐れがあります。

解答時間が足りない原因
消費税法の試験で解答時間が足りない人がよく電卓速度や解答の記述速度が原因に挙げていますが、それは間違いです。電卓速度と記述速度はあまり関係がありません。

ケアレスミスをする理由と防止法
ケアレスミスをする理由と防止法についてまとめています。

他校の模擬試験を受験するメリット
私は受験予備校の講座は1社に絞るべきだと考えていますが、模擬試験だけは他校のものを受験するメリットがあると思っています。

勉強は朝が良い
勉強を夜にする人が多いですが、私は勉強を朝にする方が効率的です。その理由は…

消費税法は改正項目が出題されやすい
税理士試験は過去に出題された論点は出題され難い傾向があります。消費税法は例年あまり税法改正がないため、改正があった項目は出題されやすくなっています。

電卓は速さよりも正確性
税理士試験受験生の中には電卓の早打ちの練習をする人がいますが、税理士試験で重要なのは電卓の速さではなく正確性です。

消費税法合格に間違いノートがオススメ!
消費税法の勉強に間違いノートはとても役立ちます。間違いノートが役立つ理由と作成方法についてまとめています。

6月から勉強を始めて合格できる?
様々な理由で消費税法の勉強を6月から始めることになった場合、今年度の試験で合格できるのか。その勉強法と対策。

5月から勉強を始めて合格できる?
様々な理由で消費税法の勉強を5月から始めることになった場合、現実問題として今年度の試験で合格できるのでしょうか。

4月から勉強を始めて合格するには
税理士試験消費税法を4月から始めて合格するための勉強法。消費税法に限らず、税理士試験は9月から勉強を始めるのが王道。ただ、タイミング等の理由で勉強を始めるのが遅れてしまった人もいるはずです。そこで4月から消費税法の勉強を始めて合格するための勉強法を紹介します。

3月から勉強を始めて合格するには
税理士試験消費税法を3月から始めて合格するための勉強法。

2月から勉強を始めて合格するには
税理士試験消費税法を3月から始めて合格するための勉強法。

スポンサーリンク