税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

字は丁寧に書く

スポンサーリンク


解答用紙の文字は綺麗に書く必要はありませんが、丁寧な字を書くように心がけましょう。読めない文字は採点してもらえない恐れがあります。

 

読めない文字は採点してもらえない

文字は綺麗に書く必要はありませんが、丁寧に書くようにしましょう。0と6、1と7、5と6など、どちらとも読める数字や読みにくい文字は採点してもらえない恐れがあります。

 

採点者が採点しやすいように心がける

消費税法は毎年1万人超の人が受験しています。つまり、解答用紙が1万枚あるということです。これを合格発表までの約4ヶ月の間に採点しなければいけません。

 

自分の文字が読みにくいかどうかを判断する方法

「自分の文字が読めるかどうか」

多くの受験生が悩んでいることです。丁寧に書けば解答時間がなくなるし、急いで書けば字が読めないくらい汚いし…。両者を両立させるのは非常に難しいです。そこで自分自身の文字が読めるかどうか判断する方法を紹介します。

ひと月以上前に過去に解答した解答用紙を自分で採点してみてください。書いたばかりの文字を読めない人はいませんが、少し時間が空けば自分の文字であっても他人が見たのと同じように見ることができます。もし解答をみて読み難い文字があれば、その文字は他人の採点者が採点するときに読みにくい文字です。今後解答するときには、注意して書くようにしましょう。

スポンサーリンク