税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

2017年度(平成29年度)第67回税理士試験の合格発表

   

スポンサーリンク

スポンサーリンク


2017年度(平成29年度)第67回税理士試験の合格発表まであと2週間と少しになりました。

2017年度(平成29年度)第67回税理士試験の合格発表日

平成29年12月15日(金)

税理士試験の合格発表で公表されるのは5科目合格者(税理士試験の一部科目免除を受けて今回の試験で合格科目が揃う人)で、科目合格のみの人は合格発表日から翌週くらいには自宅に試験結果の通知書が郵送されます。

私の経験だと土曜日~月曜日が多かったように思います。

税理士試験の結果報告でプレゼントがある!

受験予備校によっては税理士試験の結果報告をするとクオカードや食事券などのプレゼント抽選がある受験予備校があります。

TAC 2017年度(平成29年度)第67回税理士試験の合格発表の結果報告でプレゼント

税理士講座【資格の大原】

東京リーガルマインド

税理士試験のABCD判定

消費税法はA判定と合格の間には大きな差がある!」で書いている通り、「A判定=合格までもう少し」ではありません。これは「税理士試験のABCD判定に対する私の考え」でも書いていますが、税理士試験の性格によるもので、税理士試験というのは上位10%が合格する相対評価試験で、税理士試験消費税法を受験した人の上位10%が合格する試験なのに対して、税理士試験のABCD判定は点数による判定です。つまり、税理士試験合格者は上位10%しかありえませんが、A判定は何人でも良いことになります。もちろん不合格者全員がA判定ということもあり得ます。

税理士試験の免除制度とは

税理士試験は一定の要件を満たすことで一部試験科目の免除を受けることができます。

税理士試験と大学院免除の解説

 - 税理士試験情報 ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク


  関連記事

平成28年度までの税理士試験合格率で最も高い科目は?

今日は平成28年度税理士試験の合格発表日。今年の消費税法の合格率は13.1%と2 …

平成29年度~22年度で最も合格率が高かった試験科目とは?

今日は平成29年度税理士試験の合格発表日でした。そこで平成22年度からの税理士試 …

税理士試験に合格しやすい地域 税理士試験地域別合格率

税理士試験の地域別の合格率をみると大きな違いはないものの、若干の地域差があること …

平成27年度(2015年度)第65回税理士試験 申込用紙交付開始

平成27年度(2015年度)第65回税理士試験の受験案内や申込用紙の交付が始まっ …

2015年度(平成27年度)第65回税理士試験の合格発表日

2015年度(平成27年度)第65回税理士試験の合格発表日。

税理士試験で最も合格しやすい科目 平成27年度合格率データ

平成22年度~平成27年度合格率データを基に税理士試験で最も合格しやすい科目を探 …

平成30年度税理士試験からの変更点!試験の総得点が通知される!

平成30年度(2018年度)税理士試験から下記の変更点があります。

平成29年度(2017年度)第67回税理士試験の日程が公表されました。

平成29年度(2017年度)第67回税理士試験の日程が公表されました。平成29年 …

【速報値】2016年度(平成28年度)第66回税理士試験消費税法の受験者数

2016年度(平成28年度)第66回税理士試験の受験者数の速報値が国税庁HPで掲 …

消費税の複数税率が国税庁HPに掲載

国税庁ホームページに消費税の軽減税率制度に関するページがアップされています。 今 …