税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

税理士試験まであと少し! 私の本試験前の勉強法

   

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年の税理士試験は8月18日からです。お盆休み後ということもあって、受験生によってはお盆休みに最後の追い込みができるので助かる!という人も多いと思います。

税理士試験本試験前の勉強法

いよいよ税理士試験まであと1週間です。本試験前の勉強ですが、まぁ1週間前になると今更何かしたところであまり関係が無いというのが私の経験と正直な感想です。今からジタバタしても急激に成績が上がるわけではないですからね。とはいえ、何もしないというわけではありません。

私が受験生の時は本試験が近くなった土日は次のような勉強をしていました。

  • 本試験と同じ時間に本試験レベルの総合問題を解く。
  • 間違いノートで苦手項目を最終チェックする。
  • 理論の横のつながりを再確認する。

本試験と同じ時間に本試験レベルの総合問題を解く

本試験と同じ時間に試験問題を解くことで勉強サイクルを体に覚えこませます。

ちなみに私は朝から本試験のリハーサルをしていました。本試験を最高の状態(高い集中力が発揮できる状態)で迎えられるように朝起きてからご飯を食べて勉強をして、本試験と同じ時間になったら模擬試験問題を解いていました。その時に何時に起きて、いつご飯を食べた方が良いのか、どのくらい勉強した方が良いのか(やり過ぎると疲れるし少ないと本試験で集中力が高まらない)、何を食べた方が良いのか(試験中にお腹が減らないか)、

どのように過ごせば最高の状態で本試験を迎えられるかをチェックしました。

間違いノートで苦手項目を最終チェックする

全く勉強していない人は別ですが、これまで真面目に勉強してきた人は、本試験直前期に新しい事を勉強してもあまり効果があるように思いません。今まで勉強してきた事に自信を持って、あとはケアレスミスをしないように間違いノートなどで苦手項目をチェックします。問題の解き方や解答手順などを再確認します。

理論の横のつながりを再確認する

最近の試験傾向として個別理論が出ていますが、個別理論といってもひとつの理論をベタ書きするだけではプラスアルファ点がありません。消費税法の理論は部分点を積み重ねていく事が大切で、そのためには理論の横のつながりを理解することが大切です。理論は覚えているのに点数が伸びない…という人は横のつながりの理解が不十分なはずです。本試験直前期には理論暗記と共に理論の横のつながりを再確認しましょう。

 - 勉強方法など

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

税理士試験消費税法の合格点について

周知の通り、税理士試験は明確な合格点という基準はなく、上位10%が合格する相対評 …

不合格だった場合、来年はどうするべきか?一般クラスか上級クラスか

税理士試験の合格発表まであと少しです。

1月の今から消費税法を受験しようか考えているなら早めのスタートが合格のポイント!

お正月が終わって、そろそろ1月スタートの講座が始まりだした頃です。今年の消費税法 …

計算問題の注意点 法人成りした場合

実務では個人が法人成りすることはよくありますが、税理士試験の問題で見かけたことは …

平成27年度(2015年度)第65回税理士試験の試験公告がありました。

「2015年度(平成27年度)第65回税理士試験試験日程」で書いている通り、今日 …

私の本試験前の勉強法

税理士試験まであと10日になり、いよいよカウントダウンが始まりました。この時期に …

他校の模擬試験を受験しましたか?他校の模擬試験受験のメリットとは

この時期になると各受験予備校で模擬試験の受付がスタートします。現在、大原やTAC …

仮計省略で解答時間を短縮できる?仮計省略のメリットデメリットは?

私は消費税法の計算問題では仮計表を作っていましたが、受験生によっては解答時間短縮 …

消費税法の計算スピードを上げる方法

消費税法に限らず税理士試験の受験生の多くが解答時間を短くするのに試行錯誤していま …

間違いノートは作っていますか?便利ですよ。

間違いノートは作っていますか?間違いノートというと私は良いイメージが無かったので …