税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

消費税法の理論はどのくらい覚えたら良いか

スポンサーリンク


消費税法の理論は、法人税法や所得税法に比べるとそれほどボリュームが多くありません。理論はヤマをはらずに全て覚えるべきです。なぜ全ての理論を覚えるべきなのかについて説明します。

覚えていない理論が出題されたら確実に不合格!

大原やTACなどの受験予備校のテキストでまとめてある消費税法の理論は、法人税法や所得税法などの理論に比べるとボリュームがありませんが、過去の傾向等を見ると出題可能性が低いものがあります。しかし、出題可能性が低いからといって全く覚えなければ、万が一、出題されたときには絶対に合格できません。

わからない問題が出題されたときに焦る!

理論の問題で難しいものが出題されたときに、もし理論を完璧に覚えていなければ「もしかして覚えていない箇所かも!?」と勘違いしてしまったり、合否に影響のない理論で時間をかけてしまったりする恐れがあります。このような事にならないためにもできる限り多くの理論を覚えておくべきです。

全ての理論を完璧に覚えることができれば、試験で難しい理論が出題されたときに合否に影響のある理論かどうかを判断することができるようになります。

合格者の多くが理論を全て覚えている!

消費税法の理論は決してボリュームが多くないため、受験生の多くが理論の殆どを暗記しています。受験予備校の模擬試験をみるとわかると思いますが、消費税法の理論の合格点はかなり高い点数になっています。これは合格点を取るためには理論の完全暗記が絶対であるということの証明です。

消費税法は税理士試験の中では勉強ボリュームが少ない科目ですので、一発合格をしたいのであれば、できる限り完璧な暗記・理解を目指すべきです。

理論暗記で苦労している人に

消費税法の理論暗記で苦労している人は少なくないと思いますが、そのような人のために「理論暗記おたすけアイテム」をまとめています。新しいものが見つかり次第順次アップします。

スポンサーリンク