税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

消費税法は教室講座とWEB講座DVD講座 どの講座が一番良いか

スポンサーリンク


大原やTACなどでは教室講座やWEB講座、DVD講座、資料通信講座などがありますが、どの講座が一番良いか。

 

消費税法は教室講座が一番良い!

それぞれの講座にはメリットデメリットがあって、どの講座が一番良いかは人それぞれだと思いますが、一般的には教室講座が一番良いと思います。教室講座は毎週同じ曜日に受験予備校の教室で担当講師の授業を受ける講座です。講師を前にして受ける授業なので一定の緊張感がありますし、ミニテストなどでも悪い点数を取ると恥ずかしいのでそれなりに勉強しなければいけません。それにわからない項目は質問すれば講師が個別に説明してくれます。それに当然ですが教室講座では教室に同じ目標を持つ受験生がいます。同じ税理士試験受験生が勉強している姿は刺激になりますよ。

また、どの受験予備校も欠席したときには他のクラスの授業を受講できる振替受講制度もあるので急な仕事や病気などで欠席したときも安心です。どのクラスにも出席できない場合はDVD講座の振替受講もできるはずです(1授業あたり数百円の追加料金が必要)。

 

WEB講座も良い

私が一番良いと思うのは教室講座ですが、「学校が遠い」「仕事などで定期的に授業に出席できない」など様々な理由で教室講座を受講できない人もいると思います。そういう人にオススメなのがWEB講座です。私が受験生のときはWEB講座はありませんでしたが、あったら利用していたかもしれません。いつでも好きなときに受講できるなんて素晴らしい。しかも、苦手箇所は何度も見直すことができます。勉強が進むと「前にしたところをもう一度説明して欲しい」と思うことが結構あります。教科書を読んでも「なぜこういう計算になるのかわからない」という時に見直せたら便利です。ただ、WEB講座はいつでも見れる反面、いつまでも見ない、という事になってしまう恐れがあります。なのでWEB講座はまず受講計画を立てて、必ずそれを実行するように心がけてください。それがWEB講座で合格する秘訣だと思います。

 

DVD講座

私が受験生のときはDVDだったりビデオ講座というものがありましたが、WEB講座が普及してからはあまりメリットを感じられなくなりました。DVD講座には①受験予備校のブースでDVDを視聴するタイプと②DVDが自宅に送付されるコースがあります。

①であれば、わざわざ受験予備校に行かないといけないので、それだったら教室講座にした方が良いですし、しかもDVDブースには制限時間があるので結構時間に追われながらDVDを視聴しないといけません。のんびり自分のペースでゆっくりと…というわけにはいきません。②は講座料金が割高なので、それだったら安いWEB講座の方が良いでしょう。WEB講座が普及してからDVD講座は中途半端な講座になってしまいました。

WEB環境が無い人向けの講座でしょうか。

 

資料通信講座は安い!

資料通信講座は自宅に教材やミニテストなどの資料が郵送される講座です。授業を受講しないので講座費用は安いです。メリットはただそれだけ。安いだけです。独学で勉強するくらいなら資料通信講座を受講したほうが良いです。税理士試験を独学で合格するには相当の努力が必要です。

スポンサーリンク