税理士試験の免除制度と免除が受けられる大学院

おすすめ情報

税理士試験での消費税法の位置付けとは?

税理士試験は会計2科目、税法3科目に合格しなければいけません。

法人税法や所得税法と違って消費税法は必須科目というわけではありませんが、消費税法の知識を実務で必要とされることが多いという事もあって税法科目で最も多くの人が受験しています。

平成30年度税理士試験で言うと、法人税法6,744人、所得税法2,489人であるのに対して、消費税法の受験者数は10,837人になっています。

今後、複数税率などが導入されることを考えると益々消費税法の知識が求められると予想されます。

最近の記事

PAGE TOP