税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引、模擬試験情報など

税理士試験消費税法にサクッと合格

理論と計算はどちらを最初に解きますか?

消費税法の試験は、理論と計算のどちらを最初に解きましたか?

スポンサーリンク

計算を先に解いていました。

消費税法に限らず、税法試験は計算から先に解くのが一般的です。理由は、理論は書こうと思えばいくらでも書くことができ、きりがないからです。これに対して計算は納付税額を算出することができればこれ以上記入する必要がなく、一定の時間内に終えることができます。私は納税義務の有無の判定が難解である場合や調整対象固定資産の問題が出題された場合など計算ボリュームが多いときは計算解答時間を70分に設定して解答していました。手順は、まず理論問題を見て理論の解答時間の目安を計り、計算の解答用紙を見て原則計算・簡易・国等の判断をして解答時間の設定をしていました。

スポンサーリンク
1

税理士試験受験生にとって電卓は3種の神器といっても過言ではないほど大切なもののひとつです。

2

税理士試験消費税法を受験している人のアンケート集計です。アンケートを作成した時期によって集計値が少なくて参考にならないものがあります。消費税法受験生のために投票お願いします。順次追加していきます。

Copyright© 税理士試験消費税法にサクッと合格 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.