税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引、模擬試験情報など

税理士試験に合格しやすい地域 税理士試験地域別合格率

税理士試験の地域別の合格率をみると大きな違いはないものの、若干の地域差があることがわかります。

税理士試験の地域別合格率 平成28年度から平成22年度

22年から集計したものですが、これをみると関東関西の合格率が高く、九州中国東北の合格率が低くなっています。

税理士試験の合格率が高い地域で勉強した方が合格しやすい!

税理士試験は試験案内に書いている合格基準は60点以上となっていますが、実際には上位10%が合格するように得点調整されています。つまり、どれだけ一生懸命勉強してその地域で合格ラインに入っていたとしても全体で合格ラインに入れていなければ意味がありません。

それに合格率が高い地域というのは受験生の質が高く、その中で勉強する方がより質の高い受験勉強ができます。

わざわざ電車を乗り継いで遠方の受験予備校に通う必要はないと思いますが、似たような距離であればより合格率が高い地域の方が良いと思います。

税理士試験受験では合格率が低い地域の方が良い?

これは都市伝説のような話で真偽が不明なので、先のリンク先でみて下さい。

スポンサーリンク

2018年度の消費税法の試験は難しかったですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク