税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

平成27年度(2015年度)第65回税理士試験の試験公告がありました。

   

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年度(平成27年度)第65回税理士試験試験日程」で書いている通り、今日、平成27年度(2015年度)第65回税理士試験の試験公告がありました。受験予備校では今月末辺りから税理士試験の申込書の配布などがあり、いよいよ税理士試験が近づいてきたな、と実感した思い出があります。

今年の消費税法の試験日は8月18日(火)です。例年は8月上旬なので少し遅くなっています。前にも書いたかもしれませんが、お盆休み前になるので仕事をしている人にはチョット嫌な試験日程ではないでしょうか。私が受験生の時は税理士試験が終わったらお盆休みまでに一気に仕事を片付けてましたからね。試験日が18日だと6月決算法人を8月末までに仕上げるには試験前に仕上げないとゆっくりお盆休みを取れないですし。

基礎項目の理解なしに消費税法の合格はない!!

税理士試験まであと4カ月です。勉強の進み具合はどうでしょうか?消費税法は基礎項目の理解がとても大切です。私は「基礎項目の理解なしに消費税法の合格はない」と思っています。基礎項目の勉強は地味で一見すると効果がなさそうな気がしますが、「ケアレスミスを放ってませんか?」でも書いたように、基礎項目の勉強が合格のポイントになります。

じっくり基礎項目の勉強できるのはゴールデンウィークまで

ただ、この基礎項目を勉強する余裕があるのはゴールデンウィークくらいまでだと思います。ゴールデンウィークが明けると模擬試験や直前期対策などで基礎項目の勉強をする時間を確保するのが難しくなります。特に複数科目を受験している人は毎週いくつもの理論を暗記しないといけないので消費税法の課否判定などの基礎項目をじっくり勉強する余裕はかなり少なくなります。

税理士試験申込後は他の受験生のモチベーションが上がる!

さらに税理士試験申込が始まると税理士試験受験生のモチベーションが再燃します。税理士試験消費税法は上位10%が合格する相対評価試験です。税理士試験申込後は他の受験生もモチベーションが上がって追い込みをかけるため、自分が頑張っても同じくらい他の人も頑張るため順位が上がりにくくなります。

上位者を追い抜くためには現状のままの勉強法では不十分です。勉強法の問題点は人それぞれですが、一般的な問題点は基礎項目の理解力です。基礎項目の勉強をするならゴールデンウィークまでの今しかありません!他の受験生がまだのんびりしている間が成績上位に入る絶好のタイミングです。

 - 勉強方法など, 税理士試験情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

仮計省略で解答時間を短縮できる?仮計省略のメリットデメリットは?

私は消費税法の計算問題では仮計表を作っていましたが、受験生によっては解答時間短縮 …

【速報値】2016年度(平成28年度)第66回税理士試験消費税法の受験者数

2016年度(平成28年度)第66回税理士試験の受験者数の速報値が国税庁HPで掲 …

これに気を付ければ合格ライン入れるようになる。

税理士試験まであと1ヶ月を切りましたが、勉強の進捗状況はいかがでしょうか。この時 …

私の本試験前の勉強法

税理士試験まであと10日になり、いよいよカウントダウンが始まりました。この時期に …

解答時間が足りない原因とは?税理士試験消費税法

この時期になると何回か定期試験や模擬試験などを受けてきたと思います。試験での解答 …

2014年度(平成26年度)第64回税理士試験 解答速報情報

2014年度(平成26年度)第64回税理士試験の解答速報が各受験予備校から公表さ …

平成27年28年度税理士試験消費税法の合格確実点と合格ボーダーライン

税理士試験まで約1ヶ月強になりました。各受験予備校では本試験直前期になると過去問 …

他校の模擬試験や問題集は役立つ事もある!

大原やTACではアマゾンなどで市販の問題集などを販売しています。原則として、既に …

2016年度(平成28年度)第66回税理士試験の試験委員

2016年度(平成28年度)第66回税理士試験の試験委員が発表されました。

2015年度(平成27年度)第65回税理士試験の合格発表日

2015年度(平成27年度)第65回税理士試験の合格発表日。