税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

他校の模擬試験や問題集は役立つ事もある!

   

スポンサーリンク

スポンサーリンク


大原やTACではアマゾンなどで市販の問題集などを販売しています。原則として、既に大原やTACなどの受験予備校で勉強している人はその学校の教材以外は必要ありません。他校の教材を読む時間があるなら、今ある教材を隅から隅まで勉強する方が合格に近付きます。

ですが、私は税理士試験のどの科目でも1冊だけ他校の問題集(模擬試験問題や総合問題集)を買っていました。

違う出題パターンの時にどのように対応するか練習になる!

模擬試験などの総合問題には各受験予備校で一定のクセがあります。何度も何度も問題を解いていると分かると思いますが、同じ受験予備校の問題を解き続けているとこの予備校の問題のクセに慣れてしまうリスクがあります。受験予備校の出題パターン(クセ)に慣れると、その出題パターンの問題だと合格点が取れるのに、ちょっと出題パターンを変えられると急に点数が落ちてしまう場合があります。税理士試験本試験が慣れた出題パターンとは限りませんし、これでは安心して本試験を迎えることができません。本試験で慣れていない出題パターンの問題が出た時にも合格点を取れるようになるためには他校の問題が一番です。何冊も買う必要はありません。1冊だけで十分です。

他校の問題を解くのは基礎知識が固まってから!

他校の模擬試験等を解くのは消費税法の基礎知識が固まった頃です。基礎知識が固まる前に他校の問題を解いても意味がありません。なぜなら他校の問題を解く目的は「慣れない出題パターンの問題で合格点を取る対策」です。今受講している学校の出題パターンに慣れていない段階(基礎知識が固まっていない段階)で解いても余計に混乱するだけです。

一番良いのは模擬試験受験!

他校の問題で合格点を取る練習として一番良いのは他校の模擬試験受験です。例えば、TAC生が大原の模擬試験を受験するとします。大原の模擬試験受験生の90%以上が大原生で、多くが大原の出題パターンに慣れています。出題パターンに慣れている受験生が多い試験で合格点を取るのは本当に難しい事です。他校の模擬試験で合格点を取るのは至難の業です。ただし、いい経験になりますよ。

もし、模擬試験受験日までに基礎知識が固まっていない人は、模擬試験の資料販売もしているのでそれを買うか模擬試験問題集などを買って、基礎知識が固まってから解いてみましょう。

消費税法の模擬試験情報はこちらから

消費税法のおすすめ問題集はこちらから

 - 勉強方法など

スポンサーリンク

スポンサーリンク


  関連記事

平成28年度第66回税理士試験の合格発表とABCD判定

平成28年度第66回税理士試験の合格発表は12月16日(金)ということで、あと2 …

消費税法の理論はどこまで覚えたらいいのか

税理士試験まであと1カ月を切りました。この時期になると受験生の多くが消費税法の理 …

9月中旬から10月に消費税法の勉強を始める人の学習プラン 2017年度

TACでは2017年度税理士試験消費税法の勉強を9月中旬から10月に勉強を始める …

大原とTACのどちらを選ぶべきか?

税理士試験受験予備校として人気が高いのは下記2校です。 資格の大原TAC 税理士 …

税理士試験消費税法は基礎項目が大切です!

もうすぐ4月です。受験予備校では模擬試験等が近づき段々と本試験モードになってきて …

消費税法は3月から勉強を始めても合格できる?

「3月から勉強を始めて合格するには」でも書いている通り、消費税法を3月から始めて …

解答時間が足りない原因とは?税理士試験消費税法

この時期になると何回か定期試験や模擬試験などを受けてきたと思います。試験での解答 …

税理士試験前の勉強法

税理士試験まであと5日になり、いよいよカウントダウンが始まりました。この時期にな …

仮計省略で解答時間を短縮できる?仮計省略のメリットデメリットは?

私は消費税法の計算問題では仮計表を作っていましたが、受験生によっては解答時間短縮 …

今からでもできる試験解答のポイント

税理士試験まであと少しですが勉強の進捗状況はいかがでしょうか?この時期に出来るこ …