税理士試験消費税法にサクッと合格

税理士試験消費税法に合格するための勉強法、おすすめ本、おすすめ予備校、解答速報情報、講座割引キャンペーン情報、模擬試験情報などを紹介。

*

合格発表までの勉強法

   

スポンサーリンク




税理士試験は合格発表まで約4カ月もあります。配点なども公表しないので合格発表までどうしたらいいのか悩みませんか?

独学はモチベーションの維持が難しい

合格発表までは新しい科目を受験するのは税理士試験受験生なら当然ですが、問題なのは今年受験した科目の勉強をどうするか、です。年内の講座を受講するか、独学で勉強するか。私は独学で勉強していましたが、これが結構難しくてモチベーションを維持するのが大変でした。だって合格していたら意味が無いですし、その勉強時間があれば新しい科目の理論を覚えられますからね。万が一、不合格になった場合に備えて勉強することほど大変な勉強はありません。

モチベーション維持に不安がある人は講座を受講する方が良いと思います。合格発表まで何もしないと、万が一、不合格になった場合にそこから勉強し直すのは結構大変です。4カ月もあれば殆ど忘れてしまいますからね。

合格ボーダー未満の人は年内はもう一度基礎項目の再復習を!

今年の税理士試験で合格ボーダー未満か、合格ボーダーギリギリの人は年内は基礎項目を徹底的に復習するべきです。このレベルの人は絶対に基礎項目の理解が足りていません。消費税法は基礎項目の理解なしには合格できません。

各受験予備校の年内クラスは主に2コースあります。

  1. 年内に基礎項目を一通り勉強するコース「年内完結コース
  2. 年内に総合問題を解いて本試験時のレベルを維持するコース「年内上級演習コース

一度消費税法を勉強すると、2の上級演習を受講したくなりますが、合格ボーダー未満の人は絶対に年内完結コースで基礎項目をしっかり勉強するべきです。遠回りのように感じるかもしれませんが、消費税法の合格には基礎項目の理解が必須です。基礎が十分でないと応用項目や難しい総合問題などで安定して合格点を取れません。

独学で勉強する人

合格発表まで独学で勉強する人は理論テキストだけ新しいものを予備校で買いましょう。理論テキストは毎年改正していて、年内に新しい理論を覚えておいた方が良いと思います。前年の理論テキストで勉強すると年明け以降で新しい理論とチャンポンになって苦労しますよ。

計算は間違いノートを中心に苦手項目を潰していきながら、週に1題だけ総合問題を解けばそこそこ知識を維持できるはずです。

 - 勉強方法など

スポンサーリンク




  関連記事

平成27年度(2015年度)第65回税理士試験の試験公告がありました。

「2015年度(平成27年度)第65回税理士試験試験日程」で書いている通り、今日 …

模擬試験で合格点が取れない人の原因

一生懸命勉強しているのに消費税法の模擬試験等で合格点が取れない人はいませんか?そ …

9月中旬から10月に消費税法の勉強を始める人の学習プラン 2017年度

TACでは2017年度税理士試験消費税法の勉強を9月中旬から10月に勉強を始める …

模擬試験で合格ラインなのに本試験で不合格になる人

税理士試験まであと1ヶ月をきり、模擬試験の成績も返ってきたころだと思います。合格 …

税理士試験まであと少し! 私の本試験前の勉強法

2015年の税理士試験は8月18日からです。お盆休み後ということもあって、受験生 …

消費税法の計算で仮計表は作りますか?

少し前に仮計表の作成有無についてのアンケートを作りました。2019年4月現在の途 …

他校の模擬試験は受験した方がいいのか?

模擬試験シーズンが始まり、各受験予備校では模擬試験の受付が始まっています。 大原 …

仮計省略で解答時間を短縮できる?仮計省略のメリットデメリットは?

私は消費税法の計算問題では仮計表を作っていましたが、受験生によっては解答時間短縮 …

解答時間が足りない!その解決策のひとつに(私の経験)

基本的に税理士試験は解答時間が余るという科目はありません。あるとしたら財表くらい …

1月の今から消費税法を受験しようか考えているなら早めのスタートが合格のポイント!

お正月が終わって、そろそろ1月スタートの講座が始まりだした頃です。今年の消費税法 …