合格発表までの勉強計画は決めましたか?

税理士試験が終わってもうすぐ3週間です。そろそろ2017年度税理士試験の講座がスタートしますが、今年消費税法を受験した人は合格発表までの間どのようにするか決めましたか?

本試験後の受験プランニングTAC

TACでは税理士試験後の受験プランニングを公開していて、それによると消費税法はTACの解答速報の点数で次のように計画を立てるように書いています。

ちなみにTACの合格確実点は82点前後、合格ボーダーは72点前後となっています。TACの解答速報

消費税法の模範解答で72点以上だった人

  • 次の科目へ進みましょう。

私は今年の消費税法の試験で合格確実点82点以上とれたのなら合格可能性が高いので次の科目を受験するべきだと思いますが、合格ボーダーラインであれば年内は消費税法の知識が無くならないように勉強します。

合格確実点以上なら万が一ダメだったとしても年明けから上級クラスで勉強すれば本試験までに間に合います。

税理士試験後の受験プランニング TAC 詳しくはこちらから

消費税法の模範解答で65点~71点だった人

  • 次の科目へ進みましょう。消費税法の合否が不安な人は年内上級演習で実力維持。

合格ボーダー未満なので、私なら消費税法の知識が無くならないように年内クラスで勉強します。

税理士試験後の受験プランニング TAC 詳しくはこちらから

消費税法の模範解答で51点~64点だった人

  • 模擬試験等で平均点以上:年内上級演習コースを受講して実力維持を図りながら、次の科目も受講。
  • 模擬試験等で平均点未満:年内完結コースを受講。

私なら9月から消費税法の勉強を始めます。特に50点台だった人は今年の試験での合格可能性は低く、かつ、このまま去年と同じように勉強しても来年も同じような成績になると思います。60点未満という事は恐らく消費税法の基礎項目の知識が不足しているはずです。年内の上級コースでもいいですが、それよりも年内は基礎項目をしっかり復習する方が合格に繋がります。

税理士試験後の受験プランニング TAC 詳しくはこちらから

消費税法の模範解答で50点以下だった人

  • 年内完結コースを受講。

年内完結コースでも良いですが、私は勉強時間が無い人はもう一度レギュラーコース(一般クラス)で1年間しっかりじっくり勉強する方が合格に繋がると思います。年内完結は勉強スピードが速いので勉強時間を取れない人はまた基礎項目を理解できずに年明け以降も苦労するため、私なら1年間しっかりじっくり勉強できるレギュラーコースを受講します。

税理士試験後の受験プランニング TAC 詳しくはこちらから

2017年度消費税法の授業料比較

2017年度税理士試験消費税法の授業料を次のページで比較しています。

関連記事

スポンサーリンク




最近の記事

  1. 2020年度(令和2年)第70回税理士試験 解答速報情報

  2. 来週から税理士試験の受験申込みがスタート!令和2年度第70回税理士試験

  3. TACで新型コロナウイルス罹患者が見つかった模様です。

TOP